about me

自己紹介画像
  1. 自己紹介
  2. ブログを始めたきっかけ
  3. 病歴18年目に突入

自己紹介

初めまして。NBWと申します。

双極性障害歴15年(18年目突入)、同じ障害をもつ方なら同じでしょうけど、 そりゃあ波乱万丈な人生を送ってきました(笑)

家族や知人に打ち明けられない日々の方もいるでしょう。 仕事が長期でできず、転職を繰り返すうちに仕事がなくなってしまったなんて方もいるでしょう 私の経験や知識が少しでも役に立ってくれればと思っています。

といっても私も障害という事実を受け入れるのことにも、数年かかりました。 これが重大な失敗でした。 いまから思うと発病の予兆なんじゃないか?ということもあります。 もちろん、双極性障害と判明するまでも年数を要しました。

家族に打ち明けたのは、つい4年程前(6年になりました)です。 始まりは、19歳でオーストラリアに留学している時にうつ病にかかったことでした。 医療用語はわからないので、通訳さんのいる病院に行ったんです。 何かきっかけがあったかと言われると特に思い当たることはなく、 ただ死にたい、飛び降りたい衝動に駆られる毎日でした。

帰国すると、今から思えば躁転してたんでしょう。 元気になり、元気になりすぎて、 19歳の女の子がそれまでに貯めた貯金をもって 地方都市に飛んで行ってしまいました。 躁が強かったのは6年間です。 軽いうつは何回かあり、転職も何回かしました。 バリバリと働く反面、私生活では数々の問題を起こしてました。 傷害による警察沙汰も数回ありました。 6年間ほどほぼ寝ずに遊んでは仕事をするという時期もありました。

・ 私の躁エピソード

この反動で極度のうつ状態に陥っていきました。 この時に初めて、医師の口から双極性障害の可能性という言葉がでました。 あくまでも、可能性ですが・・・ この頃は、気持ちの問題、気合で治るなんて無知な考えをしており 私が、精神疾患になるなんてありえないと、 某大学病院で精密検査を受けたりもしました。(過労とか言われましたが)

当然通院もしなかったので、すぐに改善することもなく、 うつ病の診断書と共に仕事を失いました。 (当時、今もかもしれませんが、地方都市ではまだまだ精神疾患への理解がなく 自己都合という形で退職を迫られるケースはよくありました) ここから4年、うつと躁を繰り返し、遂には借金まで。 と言っても、精神障害をもっている方は 同じような経験がある方も然るべき対処をしていれば そんなに大騒ぎすることでもないかなと私は思っています。

20代後半の時間は凄まじかったです。 うつと躁を繰り返していたわけですが、 動悸や過呼吸、自殺未遂、パニック障害、社交不安障害で救急車にご厄介かと思えば、 散財、詐欺被害、傷害事件、警察にご厄介などなど 30歳過ぎた頃です。 貯蓄も使い果たし、気付けば80万位の借金を抱えてました。 ちなみに、消費者ローンではないので法律事務所のご厄介にはなってません。

とうとう立ち行かなくなり、両親に打ち明けることにしました。 また、自分自身、障害を受け入れることにしました。 たまたま、母の知人に医師がいたので病院をご紹介頂いて、 「双極性障害なら薬飲んでれば大丈夫よ~」と笑われました。 今、発症から15年、治療開始して4年が過ぎた位です。 季節の変わり目や環境の変化でうついなったり転職したりはしてますが 無事に借金は返しました(笑)

最近では隙間時間にスキルアップの勉強をする余裕も生まれました。 よく同病の方で、双極性障害以外にも病気があるからと気にされている方もいらっしゃいますが、 双極性障害で何も併発してない方のほうが珍しいのではと私は思っています。 向き合うって完璧にこなすことより受け入れて無理なことは無理としたら少し楽になるかもしれません。 長くなってしまいましたが、NBWってこんな人です(笑)

ブログを始めたきっかけ

なぜブログを始めたかというと、いとこにオープンにしたことがきっかけで、この障害について誤解が多いことや同じ悩みを抱えている人がたくさんいることを知りました。

また、未だに双極性障害を心の問題と発信している医療機関のHPの多さに嫌悪感を抱き、それがきっかけでもっと発信していこうと思い立ちました。思い立ったが吉日とも言いますしね^^

そんな私は、今年で34歳(37歳)になります。好きなものは、アニメ(特にコナンとサザエさん、昔のジャンプ)他にもゲームに料理にお酒などなどたくさんあります。残念ながら、ゲームは課金し過ぎるという理由で禁止。お酒は傷害事件や飛び降り自殺、パニックなど起こすので断酒。

発症前の子供の頃の性格は、負けず嫌いで完璧主義の委員長タイプ。人たらしと言われる位、社交的で友達は広く浅くって感じでした。

発症後からは、一人行動やインドア大好き。友達はほぼいないです。意識的に行っていることは、何に対しても緩くいることです。あと、一人黙々と好きな作業に没頭した時の集中力は凄いです。うつ状態の時でも休み休みなら割と出来ます。

今は、定時終わりの緩め事務してます。モットーは「できない時は無理をしない」です。色々この障害についてやこの障害あるあるな事書いてますので、ちょっとでも興味を持って頂けたら読んでもらえると嬉しいです。

病歴18年目に突入

年が明けて、この病気との付き合いも17年目に突入しました。相変わらず軽躁状態の日々ですが、治療のおかげもあって、昔のような激躁はなくなりました。そして、おかげさまで、かなりうつ状態になることが減り、割と安定した生活を送れるようになってきていると実感している昨今です。

治療を開始して、増量傾向にあった体重も、元には戻らないものの落ち着き始め、少しづつ昔の服が入るようになってきました。

主治医曰く、双極性障害の場合、躁転していると自覚がなく、治療にくるのはうつ状態の時が多いので、病状が回復していく過程で食事が摂れるようになるため体重が増えるのは普通の事らしく、むしろ良いことだそうです。

私も最初の数年は、体重が増えましたが、最近は元に戻り始めました。

まだまだ、自身の病気について、知らないことが多いなと感じる毎日で、もっと勉強しようと思いました。

タイトルとURLをコピーしました