大人のADHD

ADHDについての画像

大人のADHDとは

発達のアンバランス、いわゆる発達障害とは、生まれもった発達上の個性(特性)があることで、日常生活に困難をきたしている状態をいいます。こうした特性がある人たちは、障害とは気づかれにくく、必要なサポートを受けられずに困っていることがあります。また、多くの人は自分なりの工夫や対策を考えて努力していますが、それにもかかわらずなかなか状況が改善されません。そのため、自分自身を責めたり、本人が怠けている、悪気があってやっている、あるいは親の育て方のせいといった非難や誤解にさらされたり、つらい状況に置かれがちです。
しかし、こうした問題は、本人の努力不足や家族のせいではなく、脳の発達特性によるものであると考えられます。

  • 仕事などでケアレスミスをする
  • 忘れもの、なくしものが多い
  • 約束や期日を守れない、間に合わない
  • 仕事や作業を順序立てて行うことが苦手
  • 落ち着かない感じ
  • 貧乏ゆすりなど、目的のない動き
  • 衝動買いをしてしまう など
タイトルとURLをコピーしました