依存症

依存症についての画像

依存症とは

依存症は大きく物質依存、行為・プロセス依存、人・関係依存の3つがあります。

《物質依存》

ある物質を飲んだり注射して摂取することで、
快楽や刺激を得て、その物質に執着・依存します。
アルコール、たばこ、薬物(違法薬物・脱法ハーブ・処方薬など)

《行為・プロセス依存》

ある行為をする過程で得られる興奮や刺激を求めて、その行為自体に執着・依存します。
ギャンブル・パチンコ・買い物・盗癖・ネット・性・浮気など

《人・関係依存》

ある特定の人との人間関係に依存します。
歪んだ人間関係に執着することで、人とのつながりを求めようします。
女性依存・男性依存・DV・ストーカーなど

他の精神疾患が合併している場合には、一般的には依存症の治療をまず行ない、その後あるいはそれと並行して、精神安定剤や眠剤などの薬物を用いた治療も必要となることもあります。

タイトルとURLをコピーしました