摂食障害

摂食障害についての画像

摂食障害とは

神経性やせ症では体重や体型の感じ方が障害されます。
患者さんは明らかにやせていても、それを異常と感じられません。
やせるために食事量を制限しますが、その反動として過食する方もいます。
その場合、嘔吐や下剤の大量使用などにより体重が増えるのを防ぎます。
神経性無食欲症・拒食症などと呼ばれてきましたが、必ずしも食欲が無いわけではなく、また過食が見られることもあることから、神経性やせ症という新しい病名が提唱されています。
心身両面のケアが必要ですが、どちらも低栄養がすすむほど治療が難しくなるため、早期の対応が求められます。

タイトルとURLをコピーしました