双極性障害者は崩れる時は一瞬である

崩壊の画像

昨日はちょっと体調を崩し更新出来ませんでした。体調と言っても、完全に脳疲労プラス落ち込みでした。

以前にも記述しましたが、普段、私が気を付けていることがあります。

  • 規則正しい生活
  • 断酒
  • 出来なかったことは考えないようにして出来たことを褒める
  • 家でできる軽い運動

詳しくは ⇒ 双極性障害の症状を緩和させる為にしている努力

最近はここに、瞑想がプラスされてますね^^

月曜日の夜に酔っ払いの友達からの呼び出し。
さすがに危ないと思い、迎えに行きました。(普段、病気の事でお世話になっているので)

そして、①の規則正しい生活は崩れ、更に初対面の方と会うという予想外の出来事があり、

私の脳みそはオーバーヒートしてしまいました。××
(彼女の為なら、まぁいいんですけどね。)

次の日も、身体というより、完全に脳が疲れている感覚。この感覚って、同病の方には通じるけど、健康な人には伝わらないんですよね。

ちょっと話がずれましたが、

体調を維持していく為には、薬を飲み続け、習慣も続けないといけないんですよね。
毎日のルーティンを守ることでギリギリ維持しているんだなって心から感じました。

症状は人によって違うので、皆さんがどうやって体調維持を心がけているかはわかりませんが、
崩れる時は、ほんの一瞬。そう実感した昨日でした。

良かったら、こんなことしてるよって教えてもらえると嬉しいです。

最近、たくさんの方がブログ読んだよってメッセージをくれてとても光栄に思っています。。

これからもよろしくお願いします^^

コメント

  1. ichirow_8080 より:

    こんにちは。ブログ拝見しました。生活習慣が崩れると、メンタルというか脳が疲労するのは自分も同じだなあと感じました。なので、自分は独身をいいことに日々のルーティーンを決め、休みであろうと徹底します。たまにイレギュラーもありますが、この年齢になるとそうそう慌てるようなこともありません。なにより自分に正直に多少我が儘に生きるようにして、精神の安定を保っています。自分はこんな感じです。失礼しました。

タイトルとURLをコピーしました