双極性障害でも激務をこなすために

筆者のエッセイの画像

師走は、休日出勤・時間外労働が盛りだくさんの月でした。

しかしながら、躁転することなく、無事に年始を向けえることができました。

こんな日が来るとは、想像も出来ないくらいです。

今、苦しくて起き上がれない方、逆に力が有り余って止まらない方、地道に治療をして、訓練していけば時間はかかりますが、きっと私のように働けるようになると信じています。

危険なことは、勝手な減薬・断薬や無理をすることです。

こんな風に働いてブログも書いている私は、安定して寛解しているように見えるかもしれません。

しかし、決してそうではありません。

今でも病院に通い、たくさんの薬も飲んでいます。少しでも気を抜くと鬱が襲ってきます。瞑想という訓練も欠かせません。パニックを起こさないように通勤のバスの中でも行なっています。

最近、瞑想仲間が気功を始めて、かなり効果を感じていると話を聞きました。私も本年は、更なる進化を遂げる為に、実践していきたいと考えています。

無理に治そう、無理に働こうとする必要はありません。ゆっくり休んで少しずつ出来ることを増やしていけば、自然と乗り越えていけます。

ちなみにエッセイはこちらです⇒知識ゼロの双極人生

決して楽な道ではありませんでした。ここまで来るのに16年の歳月を過ごしました。

私は、無気力で何にも興味が持てず、音楽も聴けず、只々めまいで起き上がることも出来ずに横になって涙を流して毎日死にたい気持ちに支配されていました。

病院も一人で行けず、両親に運ばれるように通院していました。

そして少しずつ物事に興味がわくようになっていきました。そこからは、好きなことに没頭して、今では、それが仕事になっていきました。

これからも気を抜かずに訓練を欠かさずに成長していきたいと思います。

本年もNBWを宜しくお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました