リワークプログラム

最近、目にすることが多くなってきた「リワーク」という言葉。

是非、経験者の意見を聞きたいと思い、取り上げてみました。

「リワーク 双極性障害」だとあまりヒットしませんでしたが、
リワークとは、復職の際に、再び仕事や人間関係のストレスにさらされても耐えうるかが重要と考えられており、 そのような「復職準備性」を高めて職場に送り出してあげるために専門家が支援するのがリワークプログラムのことを指します。

最近は、このプログラムを取り入れる医療機関が増えているようです。

最初は、集団に慣れるところから始め、自分がどんな課題を抱えているのかを見つめ直す「自己分析」の作業に取り組みます。

プログラムの中期は、具体的な職場復帰と再発予防を目的とします。

その後、週5日間できるようになって2ヵ月経過した頃が終了の目安となります。

また、自身に自然と復職への自信が湧いているかなども判断材料となっています。

復職後も、病状の安定性を確認しながら、再休職予防とストレス対処能力の向上を目的とした集団認知行動療法などのフォローアップをしていきます。

正直、こんなプログラムがあったことに驚きました。

なかなか良いプログラムだと思います。

私は復職してますが、こういった訓練は受けていませんでした。

その結果、働いてても寛解ではない、双極性障害の症状はあるでも記述したとおり、2年間の間で4社変わりました。

両親の世話になった期間の生活費120万の返済で経済的に苦しく、無理に復職してはうつ状態になるの繰り返しでした。

少しでも余裕があるのであれば、こうしたステップを踏むのは良い事ですね^^

私のように双極性障害者にとっては大問題!オープンで働くかクローズで働くかこうした悩みも解消されそうです。

実際に経験されてる方のご意見聞かせて下さい!

幸福の花をアップして、ここで筆を止めたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました