双極性障害は安定期でも油断は禁物!!

瞑想についての本の画像

先日の通院で減薬の話が出て、安定し始めているようです。

そして、瞑想ポモドーロテクニックの成果を実感している今日この頃です。

実践してくれて成果をご報告して下さる方もいて非常にうれしく思っています。

というわけで、1990年に書かれたマインドフルネス瞑想についての復刻版の本を読み始めました。

やはり、何でも基礎が大事なので、また皆さんに共有できればと思っています。

ちょっと脱線しましたが、ここで問題になってくるのが、人は良くなってくると調子に乗ってしまうという事です。

私の周囲でも、安定してたので自己判断で断薬してしまったり、無理して働きすぎたり、遊びすぎたり、様々ですが、安定するまで頑張ってきた生活のルーティンや訓練を台無しにしてしまい、うつ状態や躁状態に逆戻りをしてしまう方をたくさん見てきました。

人は忘れる生き物とよく言いますが、安定期に入ってからも油断は大変危険です。

以前、綱渡りのようだと記述しましたが、私たちは常に自分自身と向き合っていなければいけません。

しかし、そのおかげで、これも前述したことがありますが、自己分析能力や自身の客観視は普通の人より長けているいると言えると思います。

私自身も、来月から土日を利用して学校に行くことにしました。

これからも、自分のルーティンを守り、過集中等に気を付けてやり遂げたいと思っています。

皆さんも、急に寒くなって体調を崩さぬ様、ご自愛くださいませ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました